ホテリエの声

一覧へ戻る

富士屋ホテル・洋食料理課

初心を忘れず、日々精進します! 初心を忘れず、日々精進します!

◆富士屋ホテルを選んだ理由
学生時代に先生の紹介を頂いたことで、富士屋ホテルの大事にしている“至誠”という言葉を知りました。長年変わらず提供しているカレーなどのメニューを見ても、明治時代から変わらず愛されているホテルだと感じ、このホテルで働きたいと思いました。

◆仕事の内容
富士屋ホテルにはメインダイニング・グリルの2つのレストランがあり、他にティーラウンジやバーで食事をすることが出来ます。それらホテル内の各レストランで提供する料理に加え、結婚式などのイベントで提供する料理もつくっています。
デザートや温製の料理を扱うストーブなど、いくつかのセクションがありますが、現在は様々なセクションで学んでいるところです。

◆仕事のやりがい
料理に関して専門学校時代から学んできたことも、先輩方の流れるような仕事を目の当たりにすると、まだまだだなと感じます。技術や知識の向上に加え、お客様を意識した“ホスピタリティ”の部分や時間配分など、取得したいことは尽きません。しかし、それ自体がやりがいだと感じています。手順やお客様への素早い提供なども含めて、少しでも先輩方に近づけるよう、毎日気を引き締めて仕事をしています。

◆印象的な出来事
自分自身はもちろんのこと、他の方に納得していただく料理を作ることは、やはり難しいと感じています。しかし、その中で自分が味付けしたものを先輩に褒めていただいたときはやはりとても嬉しく、自然と笑みがこぼれそうになります。何か一つの場面というわけではなく、そうした一つ一つの出来事が、私にとってはとても印象的で自信につながっています。

◆富士屋ホテルの魅力
明治から続く長い歴史で培われてきた“至誠”の精神は、他のホテルでは真似できない素晴らしい財産だと思います。初めて富士屋ホテルを知った時の気持ちを忘れず、これからも料理を作り続けていきたいと思います。ぜひ、皆様も機会があれば富士屋ホテルへいらしてみて下さい。私たち料理人が腕を振るいます。 


<平成25年度入社>

  • 採用情報
  • ハワイ研修
  • 富士屋ホテルチェーン
  • 国際興業グループ
  • 歴史