CSR(企業の社会的責任)

CSR活動方針

富士屋ホテル株式会社の企業理念は「至誠」=このうえなく誠実な事、まごころ。
創業明治11年以来、歴史と伝統に培われたおもてなしの心は、今もそしてこれからも変わりません。
富士屋ホテル株式会社のCSR活動は、この「至誠」を中心に基本となる4つの柱を明確にし、企業行動憲章で具現化して推進に取り組んでまいります。

CSR図

企業行動憲章

企業は、公正な競争を通じて利潤を追求するという経済的主体であると同時に、広く社会にとって有用な存在でなければならない。
そのため富士屋ホテル株式会社は、次の9原則に基づき、国の内外を問わず、人権を尊重し、関係法令、国際ルールおよびその精神を遵守するとともに、社会的良識をもって、持続可能な社会の創造に向けて自主的に行動する。

1.【心からのサービスを提供する】
2.【適正な取引を行う】
3.【積極的に情報を開示する】
4.【働きやすい環境を作る】
5.【環境問題に積極的に取り組む】
6.【積極的に社会貢献活動を行う】
7.【反社会的勢力に毅然とした対応をとる】
8.【企業倫理の徹底を図る】
9.【問題解決に最善を尽くす】

主な取り組み内容

誠実な企業活動 監査室の設置、相談窓口設置
環境活動 富士山世界遺産国民会議寄附、食品リサイクルの取り組み
従業員満足 人材育成制度の体系化(キャリアプラン・各種研修制度・資格取得報奨制度・各種表彰制度)、仕事と育児専門委員会、各種福利厚生の充実(従業員食堂・寮整備等)
地域貢献活動 富士山エコトレッキング、その他事業所別活動

主管部署

CSR活動の推進は、管理本部を中心に取り組み、監査室がこれを適宜監査し見直しを継続する「PDCAサイクル」の仕組みを取り入れ実践してまいります。
特に地域貢献活動に関しては、当社が永年経営を継続できる事へ感謝の気持ちを込めて、各事業所も積極的に参加し地域の魅力を高め、美化活動やイベント協力等、地域の一員としての責務を果たしてまいります。