富士屋ホテルチェーン女性スタッフプロデュース  F-STYLE コンシェルジュ  プレミアムな時間を提案する情報発信サイト  F-STYLE PROJECTとは、富士屋ホテルチェーンの女性スタッフによる、女性目線の新商品や快適な空間づくりを提案するプロジェクトチームです。 富士屋ホテルチェーン女性スタッフプロデュース  F-STYLE コンシェルジュ  プレミアムな時間を提案する情報発信サイト F-STYLE PROJECTとは

ホテルスタッフにスタッフとっておきの商品・サービス・スポットを聞く 「全員コンシェルジュ宣言」レポート  お客様のリゾートライフの「もっと」を大切にするために、富士屋ホテルが創業130周年を迎えた2008年、富士屋ホテル全従業員が全員コンシェルジュ宣言をいたしました。本サイトでは、コンシェルジュである富士屋ホテル従業員を一人ずつクローズアップし、ホテルや近隣施設など、ホテルスタッフならではの「とっておき」の情報をお届けします。

城下町おだわらで徒然かまぼこめぐり

小田原といえば、やっぱりかまぼこ!これからの季節、ビールのおつまみにも最高です。実は、かまぼこは、とっても栄養価が高いことをご存知ですか?良質なたんぱく質が豊富なうえに、低脂肪・低カロリーなんです。かまぼこの名産地として有名な小田原には、駅から歩いて約15分のところに通称「蒲鉾通り」があり、13軒のかまぼこ店が軒を連ねています。ひとことでかまぼこと言っても、お店によって味も食感もそれぞれ。
今回は営業本部 小田原営業所のスタッフが「蒲鉾通り」を散策し、3軒のお店にお邪魔してきました。小田原かまぼこの魅力をたっぷりご紹介したいと思います。また、かまぼこの手づくり体験にもチャレンジしてきましたので、ぜひご覧ください!

 
  • 良質なたんぱく質が豊富な小田原かまぼこ(画像提供:小田原鈴廣) 
  • かまぼこ博物館(小田原鈴廣)では、手づくり専門のかまぼこ職人の技をガラス越しに見ることができる。 
  • 鈴松蒲鉾店のかまぼこは魚の風味としっかりとした食感が楽しめる。 
  • 籠淸では、季節のお花やどうぶつをモチーフにしたかまぼこや、野菜を練りこんだかまぼこも。 
  • 鱗吉(うろこき)では、かまぼこのほか、揚げものも大人気!ビールにぴったりの「いわし揚げ(写真左)」と野菜やひじきが入った「てどり揚げ(写真右)」。 
  • できたてアツアツの手づくりちくわは絶品! 

推薦者 営業本部 小田原営業所 佐藤 明香

小田原かまぼこの魅力を私が紹介します!

聞き手 F-STYLE PROJECTメンバー 杉山 雅恵

自分好みのかまぼこ探しも楽しいですね!

小田原「蒲鉾通り」をぶらり散策





かまぼこの最初の形は、現在の焼きちくわに似ていた

Q:「かまぼこ」の名前の由来は何ですか?
A:かまぼこの最初の形は、現在の焼きちくわに似ていたそうです。この形が、植物の「蒲の穂」に似ていて、蒲の穂は鉾のような形だったことから「蒲の穂」→「蒲穂子」→「蒲鉾」と呼ばれるようになったと言われています。
また、正確なことは明らかになっていませんが、小田原かまぼこの起源は北条早雲の頃とも江戸時代ともいわれています。当時小田原では、沿岸漁業が盛んでたくさんの魚が獲れ、この魚の保存利用として誕生したのが小田原かまぼこです。かまぼこ作りには欠かせない豊富な魚と良質な水がそろう小田原では、こうしてかまぼこ作りが盛んになったそうです。しかし、漁獲量の減少にともない、地元の魚だけでは賄いきれなくなった為、大正時代になると東シナ海の底引き網で獲れる「グチ」を原料とするようになったそうです。現在は全国的にスケソウダラのすり身の使用量が増えてきていますが、その中でも小田原かまぼこは、高級かまぼこの原料の代名詞である「グチ」の使用量が全国一だそうです。

かまぼこ板は天然の防腐剤

Q:素朴な疑問ですが、なぜかまぼこには板がついているんですか?
A:かまぼこ板は、余分な水分を吸い、雑菌が繁殖する環境をつくりにくくする役割があるんだそうです。天然の防腐剤なんですね。なので、かまぼこを食べる際、かまぼこ板から全部はがさずに、食べる分だけ切り取り、残った場合は板につけたまま冷蔵庫で保存するといいそうです!ちなみに、かまぼこ板は、白くて、節が少なく、匂いも少ないモミやシラベといった木が使われるそうです。

小田原元祖のかまぼこ屋。石臼で作るこだわりのかまぼこ 
- 鱗吉(うろこき) -

Q:「蒲鉾通り」ではどちらのお店にお邪魔したんですか?
A:今回私が最初に訪れたのは、「鱗吉(うろこき)」です。創業はなんと天明元年(1781年)!小田原かまぼこ発祥のお店です。昔ながらの石臼作りにこだわり、ひとくち食べただけでおいしさが伝わることがコンセプト。魚の旨味が豊富で、口の中にふわっと広がります。石臼作りならではのざらつきがありますが、弾力が非常にあるのが特徴。水分量が少なく、しこしこ感も強いので、固めの食感が好きな方におすすめです。

グチの他、小田原で水揚げされたイサキを使用 - 籠淸 -

Q:次に訪れたのはどちらですか?
A:次にお邪魔したのが、「籠淸」です。こちらのかまぼこは、「グチ」をメインに小田原で水揚げされた「イサキ」を使用しているそうです。また、無でんぷんにこだわっているので、より凝縮された魚本来の旨味が楽しめます。弾力がありますが、しなやかさもあります。ちなみに、籠淸のかまぼこは、厚さ11mmで切るのが一番おいしいそうです!

卵白を使用していないので、卵アレルギーの方にも好評 
- 鈴松蒲鉾店 -

Q:最後に訪れたのはどちらですか?
A:最後にお邪魔したのが「鈴松蒲鉾店」です。かまぼこには、卵白を使 用している商品が多いのですが、こちらでは、卵白を使用されないのが特徴です。今から35年ほど前から卵白を使用していないそうです。学校給食で使われていることから、卵アレルギーの方々に配慮され、卵白を使用しないかまぼこ作りを始めたとか。卵白を使用していないためふんわり感は少ないけれど、歯ごたえと魚の風味が存分に楽しめます。

お店によって味も食感もこだわりもそれぞれ。蒲鉾通りを散策して、 お好みのかまぼこを探してみてはいかがでしょうか!

>>「うろこき」のホームページはこちら
>>「籠淸」のホームページはこちら
>>「鈴松蒲鉾店」のホームページはこちら

かまぼこ・ちくわ手づくり体験教室レポート



上:きれいな扇形にするのは、簡単そうに見えてとっても難しい!
下:ちくわ作りも先生がしっかりポイントを教えてくれます。
クルクル、キコキコ♪のリズムに合わせて、すり身を竹の棒に巻いていきます。

かまぼこづくり体験やかまぼこの歴史が学べる「かまぼこ博物館」

Q:小田原にはかまぼこ作りを体験できる教室もあるみたいですね?
A:はい。小田原の風祭に「鈴廣 かまぼこの里」がありまして、こちらの「かまぼこ博物館」というところで、かまぼことちくわの手づくり体験(要予約 / 1日5回 / 参加料:お一人様1,620円)、水曜はちくわのみの体験ができます。
また、この博物館では、体験教室のほかに、かまぼこの歴史や不思議などを楽しみながら学べるんですよ。

お子様から大人まで楽しめるかまぼこ・ちくわ手づくり体験

Q:どういった体験ができるんですか?
A:まずは、鈴廣かまぼこの職人の方がすり身をかまぼこの板にのせる実演をしてくれます。見事な手さばきに思わずうっとりしてしまいました。実演の後は、いよいよ体験スタートです。かまぼこ包丁を使って、すり身を数回練り、中の空気を抜きます。その後すり身を少しずつかまぼこ板にのせ、小田原かまぼこの伝統の形である扇形に成型していきます。これが簡単そうに見えて、とても難しいんです。でも、多少の凹凸もご愛嬌!手づくりならではですね。
かまぼこの後は、ちくわ作りへ。こちらも先生がしっかり作り方のポイントを教えてくれます。かまぼこと同じすり身を、竹の棒にクルクルと巻きつけていきます。難しい場合は手で直接棒につけてもOK! どちらの体験もお子様はもちろん、大人まで夢中になって楽しめること間違いなしです!

ちくわはアツアツ出来立てを!手づくりかまぼこも絶品

Q:出来上がりはどうでしたか?
A:ちくわは、体験終了後約15分で焼き上がりました。きつね色に香ばしく焼き上げられたアツアツのちくわをその場で食べられます。皮はパリパリ、中はしこしこっとした食感、塩加減もちょうどよく最高でした。
かまぼこは体験終了後約70分程度で受け取り可能です。自宅で早速食べてみました。形はちょっぴり崩れてしまいましたが、切ってみると気泡もほとんどなく、上出来でした!家族にも好評でしたよ♪
旅のいい思い出にもなるのでおすすめです!

>>「鈴廣かまぼこの里」のホームページはこちら

その他のとっておきの商品・サービススポットをご案内!

最新レポート

  • 周辺スポット
  • 箱根 小田原エリア

小田原駅から30分程で行ける「大雄山最乗寺」には紅葉狩り&パワースポットが数多く点在。2016年11月に降った雪との奇跡的に美しい情景と共にご紹介いたします。
(2016年11月)

紅葉、パワースポット、洋食ランチ、温泉と、盛り沢山!

ピックアップレポート

  • 周辺スポット
  • 山梨エリア

知る人ぞ知るパワースポット「母の白滝」を、登山グッズのレンタルショップや古民家カフェなどの周辺オススメスポットとともにご紹介します。
(2016年9月)

トレッキング初心者におすすめ!穴場パワースポット
  • 周辺スポット
  • 山梨エリア

フルーツパーク富士屋ホテルの夏の風物詩「きら星のビアテラス」(2016年度 営業期間:6月25日~9月11日)。夕景から夜景へとうつろう情景とともにご紹介します。
(2016年9月)

ビールを片手に夏の夕景・夜景をご堪能ください!
  • 周辺スポット
  • 箱根 小田原エリア

小田原駅から30分程で行ける「大雄山最乗寺」には紅葉狩り&パワースポットが数多く点在。2016年11月に降った雪との奇跡的に美しい情景と共にご紹介いたします。
(2016年11月)

  • 周辺スポット
  • 山梨エリア

知る人ぞ知るパワースポット「母の白滝」を、登山グッズのレンタルショップや古民家カフェなどの周辺オススメスポットとともにご紹介します。
(2016年9月)

  • 周辺スポット
  • 山梨エリア

フルーツパーク富士屋ホテルの夏の風物詩「きら星のビアテラス」(2016年度 営業期間:6月25日~9月11日)。夕景から夜景へとうつろう情景とともにご紹介します。
(2016年9月)

  • 周辺スポット
  • 山梨エリア

絶景スポットや、美味しいランチ、お得なショッピングスポットなど、山中湖周辺のオススメ情報と共に、手軽にプロ級の写真にする方法まで、たっぷりご紹介。
(2016年5月)


  • 周辺スポット
  • 箱根 小田原エリア

小田原で毎年5月3日に開催される「北条五代祭り」をご紹介します。
(2016年5月)

  • 周辺スポット
  • 山梨エリア

霊峰富士のパワーを全身で感じることのできるスポットをご紹介します。
(2016年3月)

  • 周辺スポット
  • 箱根 小田原エリア

箱根湯本駅・小田原駅からもアクセス抜群!小田原市根府川で1年を通して体験できる、「原木しいたけ狩り」をご紹介します。
(2016年3月)

  • 周辺スポット
  • 箱根 小田原エリア

日本一長い人道吊り橋「三島スカイウォーク」と芦ノ湖湖畔でお食事、喫茶、お買い物が楽しめる「茶屋本陣 畔屋(ほとりや)」をご紹介します。
(2016年1月)


  • 周辺スポット
  • 山梨エリア

宿坊での宿泊に、朝のお勤め・・・プチ修行体験をしてきました。心が清められるような1泊2日、本当におすすめです。
(2016年1月)

  • 周辺スポット
  • 山梨エリア

富士川流域、南アルプスの山々に囲まれた自然豊かな風景の中、厳かな空気に包まれる身延山久遠寺。その歴史と境内の様子をご紹介いたします。
(2015年12月)

  • 周辺スポット
  • 山梨エリア

山梨のフルーツを使った料理教室に、上質な湯質と絶景が楽しめる温泉施設。季節を問わず楽しめる山梨の体験スポットをご紹介します。
(2015年12月)

  • 周辺スポット
  • 箱根 小田原エリア

箱根で今、話題のスポットへ早起きして出かけよう!朝の澄んだ空気の中、出会える味、風景、そして、芸術。感受性が研ぎ澄まされる時間が待っています。
(2015年11月)


  • 周辺スポット
  • 山梨エリア

秋の定番 葡萄狩りに、オリジナルグラス作り、そしてワイナリーが手掛けるレストランでの絶品ランチ。山梨在住のスタッフがこの秋おすすめのスポットを巡ります。
(2015年9月)

  • 周辺スポット
  • 箱根 小田原エリア

「神奈川なでしこブランド」に認定された、ロッキーマリンさんの女性向け海釣りプラン、「海♡女子会」プランをご紹介いたします!箱根旅行の前後に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。
(2015年9月)

  • 周辺スポット
  • 箱根 小田原エリア

暑い夏は涼しい芦ノ湖畔で大人からお子様まで一緒に楽しめる水上アクティビティを体験してみませんか。 日帰りでも楽しめるプランを紹介します。
(2015年8月)

  • 周辺スポット
  • 山梨エリア

今回は、山梨県を中心に活動している富士屋ホテルチェーンの女性プロジェクトチーム「F-STYLE yamanashi」をご紹介いたします。
(2015年7月)


  • 周辺スポット
  • 箱根 小田原エリア

2014年11月にも開催された「はこねのもり女子大学」のウォークランイベントに、今回も参加させていただきました。新緑の箱根での貴重な体験をご紹介いたします!
(2015年6月)

  • グルメ
  • 富士屋ホテルチェーン

富士屋ホテルの次代を担うスタッフたちが、日々磨き上げた技を大いに発揮したコンクールの様子をご紹介いたします。
(2015年2月)

  • 周辺スポット
  • 山梨エリア

山梨へのご旅行におすすめ!スタッフおすすめの観光スポットをご紹介いたします。
(2015年1月)

  • 周辺スポット
  • 東京エリア

東京の中心 六本木の洗練されたイルミネーションと夜景をご紹介いたします。
(2014年12月)


  • 周辺スポット
  • 箱根 小田原エリア

2014年4月に開校した「はこねのもり女子大学」のウォークランイベントに参加しました。心も体もリフレッシュ!貴重な体験をご紹介します。
(2014年12月)

  • 周辺スポット
  • 山梨エリア

山梨のことならお任せあれ!山梨出身のスタッフ二人が、秋のドライブを満喫する欲張りルートをご紹介します。
(2014年11月)

  • 周辺スポット
  • 箱根 小田原エリア

11月1日にデビューする箱根登山鉄道の新型車両「アレグラ号」で巡る秋の箱根旅。その見所をご紹介いたします。
(2014年11月)

  • 周辺スポット
  • 箱根 小田原エリア

相模湾を見下ろし涼やかな風が吹き抜ける「清閑亭」と、江戸時代より小田原で風鈴などの鋳物を作り続けている「柏木美術鋳物研究所」をご紹介します。
(2014年8月)


  • 周辺スポット
  • 箱根 小田原エリア

新緑のきれいな季節になりました。これからの季節はアウトドアで 思いっきり遊んでみてはいかがでしょうか。
大人も楽しい森林に囲まれたアウトドアパークを紹介します。(2014年5月)

  • 周辺スポット
  • 箱根 小田原エリア

箱根好き女子のための学びコミュニティ「はこねのもり女子大学」の開校記念特別授業に参加しました。普段ではなかなかなか味わうことのできない、五感を刺激する体験ばかりです!
(2014年4月)

  • グルメ
  • 富士屋ホテルチェーン

富士屋ホテルの次代を担うスタッフたちが、日々磨き上げた技を大いに発揮したコンクールの様子をご紹介いたします。
(2014年2月)

  • 周辺スポット
  • 箱根 小田原エリア

「一生に一度、必ず見ておきたい日本国内クリスマスツリーランキングTOP10」(2013年10月17日発表 gooランキング)の第2位に選ばれたツリーがある、 箱根ガラスの森美術館のクリスマス情報をたっぷりとご紹介します。
(2013年12月)


  • 周辺スポット
  • 山梨エリア

2013年6月に世界文化遺産に登録された富士山とその周辺スポットの 魅力をご紹介します。
(2013年11月)

  • 周辺スポット
  • 箱根 小田原エリア

2013年、箱根には続々とニュースポットが誕生しました。秋の行楽シーズンにぴったりの情報をお届けいたします。
(2013年10月)

  • 周辺スポット
  • 東京エリア

東京にいながら日本を旅している気分に・・・、そんな贅沢な気分を満喫できると人気の「アンテナショップめぐり」をご紹介します。
(2013年9月)

  • 周辺スポット
  • 箱根 小田原エリア

小田原といえば、やっぱりかまぼこ!伝統と歴史を守り続ける小田原かまぼこの魅力を紹介します。
(2013年6月)


  • 施設
  • 箱根 小田原エリア

お客様にゴルフを楽しんでいただけるよう目配り気配りを絶やさないキャディのお仕事をご紹介します。
(2013年6月)

  • 周辺スポット
  • 山梨エリア

初夏の味覚といえば"さくらんぼ"。赤くて小さなかわいい実に思わずうっとり。
さくらんぼ狩りで汗をかいた後は、富士山を望む温泉でのんびりと・・・そんな初夏の旅はいかがでしょうか!
(2013年4月)

  • グルメ
  • 富士屋ホテルチェーン

富士屋ホテルの次代を担うスタッフたちが、日々磨き上げた技を大いに発揮したコンクールの様子をご紹介いたします。
(2013年3月)

  • 施設
  • 箱根 小田原エリア

1878年の創業以来、諸外国の要人をはじめ、多くの内外のお客様に愛され続けている富士屋ホテル。 ホテルスタッフならではの隠れたみどころを紹介します。
(2013年1月)


  • 宿泊
  • 東京エリア

開放感たっぷりのバスに乗って東京観光はいかかですが?いつもとは違った視点から東京の街を楽しめます。
(2012年12月)

  • 周辺スポット
  • 山梨エリア

秋の河口湖には、しばし時を忘れ、眺め続けていたくなるような絶景が広がっています。
(2012年11月)

  • グルメ
  • 箱根 小田原エリア

これから寒くなる季節に備え、野菜をたくさんとって栄養補給を!
(2012年10月)

  • 周辺スポット
  • 山梨エリア

ホテルでも人気の登美の丘ワイナリーのワイン。
そのおいしさのルーツを探ります。
(2012年9月)


  • 宿泊
  • 箱根 小田原エリア

さまざまなイベントが目白押しの箱根湯本の夏。
幻想的な世界が広がる「灯街道・箱根湯本」を紹介します。
(2012年8月)

  • 周辺スポット
  • 山梨エリア

太陽の恵みをたっぷり受け、山梨特有の風土に育まれておいしく実った桃をたっぷり特集します。
(2012年7月)

  • 施設
  • 箱根 小田原エリア

予約殺到!日本で2番目に歴史あるパブリックコース。「仙石ゴルフコース」のレディースコンペ。
その人気の秘密をご紹介します。
(2012年6月)

  • 周辺スポット
  • 箱根 小田原エリア

6月13日の年に1度の大祭に向け、さらに注目が集まる箱根のパワースポット"九頭龍神社"の魅力をたっぷり紹介します。
(2012年5月)


  • グルメ
  • 箱根 小田原エリア

富士屋ホテル直営のベーカリー&スイーツピコットにて代々受け継がれているレシピで作る食パンの魅力を余すところなくご紹介いたします!
(2012年4月)

  • 施設
  • 山梨エリア

河口湖畔に佇む富士ビューホテルには、約3万坪の庭園があります。ここには、春になるとソメイヨシノやしだれ桜など計324本の桜が咲き誇ります。
観光名所のひとつにもなっており、毎年、地元の方のみならず県外からも数多くの方々がカメラを片手に訪れます。
(2012年3月)

F-STYLE PROJECTが考案した「ミニチュアテディベア」と「箱根姫籠膳」は、第1回神奈川なでしこブランド認定商品です。

詳しく見る

 「神奈川なでしこブランド」とは、神奈川県内に拠点を持つ企業等において、女性が開発に貢献した商品(モノ・サービス)の中から、神奈川県が認定したものです。

富士屋ホテル株式会社は、2013年7月31日(水)厚生労働省神奈川労働局より「次世代育成認定マーク(愛称:くるみん)」を取得いたしました。
当社はこれからも、従業員が仕事と育児を両立し、ひとりひとりがその能力を十分に発揮できる会社を目指して、働きやすい環境作りに取り組んでまいります。

詳しく見る

「くるみん」は、「次世代育成支援対策推進法」に基づいた行動計画を策定し、その行動計画に定めた目標を達成するなどの一定の要件を満たした場合、申請を行うことにより、「子育てサポート企業」として、厚生労働大臣の認定を受けることができます。