富士屋ホテルチェーン女性スタッフプロデュース  F-STYLE コンシェルジュ  プレミアムな時間を提案する情報発信サイト  F-STYLE PROJECTとは、富士屋ホテルチェーンの女性スタッフによる、女性目線の新商品や快適な空間づくりを提案するプロジェクトチームです。 富士屋ホテルチェーン女性スタッフプロデュース  F-STYLE コンシェルジュ  プレミアムな時間を提案する情報発信サイト F-STYLE PROJECTとは

ホテルスタッフにスタッフとっておきの商品・サービス・スポットを聞く 「全員コンシェルジュ宣言」レポート by F-STYLE

小田原周辺「大雄山最乗寺」で紅葉&パワースポット巡り

2016年秋。真夏日、長雨、急な気温低下・・・と不安定な天候を繰り返しながら迎えた11月、気温差の影響か紅葉は一気に進みました。
今回は、かねてからFスタイルメンバー一員が一押ししていた大雄山最乗寺の紅葉&パワースポットのご紹介。 実は、取材したのは2016年11月25日。前日の24日、関東地方は11月には珍しい降雪にみまわれ、箱根の山もみるみるうちに驚くほどの雪景色に・・・
決行か、延期か、大変迷いましたが、不安いっぱいのなか天気予報を信じて決行!当日は快晴!!雪もあっというまに溶け、雪景色と紅葉を同時に楽しめる素敵な取材が叶いました。自然が織り成す美しい光景と歴史ある寺院の情景に、みなぎるパワーを感じてください。

夕食は料理長お薦めの会席を味わうリーズナブルな1泊2食付プラン。

宿泊料金
お一人様
¥15,120~
(サービス料・消費税込)

詳細はこちら
 
  • 美しく染まった色とりどりの紅葉と雪景色!!本堂の池付近にて。 
  • 紅葉の上に残る白い雪、水面に映る青い空、水底に広がる紅葉のじゅうたん。 
  • 赤く大きなモミジの葉、お寺のいたるところでみられる天狗の葉うちわのモチーフとイメージがシンクロします。 
  • 数多に奉納されている鉄製の高下駄。落ちた紅葉が紋様を描いているかのよう。夫婦和合の信仰があるといわれ、下をくぐると御利益があるとか。 
  • 「奥の院」へと進む直線階段は200段以上。後日談ですが筋肉痛にはなりませんでした。パワーをいただけた証拠? 
  • 見守る大天狗に舞い落ちるいちょうの葉。 

レポーター F-STYLE PROJECTメンバー 杉山 雅恵

紅葉もパワースポットも楽しめるオススメスポット!

聞き手 F-STYLE PROJECTメンバー 神蔵 絵利子

箱根の帰りに寄ってみるのもいいですね。

歴史ある寺院の紅葉は、燃えるような赤の大きな葉が印象的





上:境内への入口「瑠璃門」前の階段には、深紅に染まった紅葉の大木が。
中央:・真っ赤な紅葉と白い雪の競演
下:はらはらと落ちる大きな紅葉の葉を旅のお土産に。

室町時代中期開創、600年以上の歴史を持つ大雄山最乗寺

Q:最乗寺について教えてください。
A:神奈川県西部・南足柄市にある「大雄山最乗寺」は、室町時代中期の慶永元年(1394年)に了庵慧明禅師が開創した600年以上の歴史をもつ曹洞宗の修行専門道場で、関東の霊場として知られています。 小田原駅から車で30分。電車では伊豆箱根大雄山線で20分、終点「大雄山」で下車後、「道了尊」行きのバスに10分ほど乗ると到着します。

本堂周辺で観る、雪景色と紅葉の競演

Q:紅葉はいかがでしたか?
A:日射しの当たる場所にいれば寒さも感じられない陽気の中、まだ雪の残る境内へと進みます。10時台にしてかなりの参拝の方がみられます。
境内への入口「瑠璃門」前の階段付近は、深紅に染まった紅葉の大木が素敵でした。時折、昨日の残雪とともに紅葉も舞い落ちてきます。階段に広がった落葉も、雪解け水を含み瑞々しさを感じます。

本堂脇の池周辺では赤色と黄色の紅葉が。日射しを受けて反射する雪の白はまぶしく、澄んだ池の水面には青空と紅葉が鮮やかに映り、感嘆の声が周囲からも聞こえてきます。「この景色はなかなか見られるものではない」と皆さん嬉しそうに写真を撮られていました。
おそらく、見ごろのピークはもう数日早かったとのだと思われましたが、雪解け水が滴る音、落雪とともに舞う紅葉と、自然の織り成す演出も楽しめたこの日、それはそれは、貴重で素晴らしい"紅葉狩り"となりました!

最乗寺の守護「道了大薩埵」の浄域へ





上:道了大薩埵の浄域入口「結界門」の左右には、大天狗と子天狗が。
中央:了庵慧明禅師が召され、山中に身を隠した際の道了尊姿像
下:十一面観音菩薩に化身された道了尊姿像

最乗寺は「道了尊」とも呼ばれます

Q:バスの停留所名が「最乗寺」ではなくて「道了尊」なのが気になりました。
A:最乗寺のことは通称「道了尊」とも呼ばれていて、了庵禅師の弟子で開創に尽力した妙覚道了の名のことです。最乗寺の守護であり「道了大薩埵」とも呼ばれます。
修験道のすべてを会得していて「土木の業に従事、約一年にしてこの大事業を完遂した。その力量は一人にして五百人に及び霊験は極めて高い」(※最乗寺パンフレットより引用)と、開創に尽力された方。そして開祖である了庵禅師が亡くなる際は「以後山中にて大雄山を護り多くの人々を利済する」と五大宣誓文を唱え天狗の姿となって山中に身を隠し、以来ずっとこの地を護っています。

Q:寺院内には天狗の像・団扇などのモチーフがたくさん見られますがそれらはすべて道了尊にちなんだものだったのですね。
A:はい。ここからは道了尊の浄域に進みます。道了尊に纏わるパワースポットがたくさんありますのでそれらをご紹介します。

この「結界門」より先は、守護「道了大薩埵」の浄域

Q:門前の左右の大きな天狗の像、インパクトがありますね!
A:この「結界門」をくぐった先は、道了大薩埵(=道了尊)の浄域。大天狗(鼻高天狗)と小天狗(烏天狗)が両脇を固めています。門をくぐりすぐに右に進み77段の階段を上ると道了尊が祀られている御真殿。この場所が最大のパワースポットです。

ただならぬ雰囲気を感じさせる2つの像、これも道了尊のお姿

Q:2つの像は何でしょうか?
A:思わず足を止めて見てしまう、何かを感じさせますよね。どちらも道了尊の化身と言われているお姿です。1つは、了庵慧明禅師が召された際に山中に身を隠した時の道了尊の姿、もうひとつは、これから向かう「奥の院」に祀られている十一面観音菩薩像の姿。
雪解け水に打たれた観音像のお顔がとても清らかな一枚です。

350段の階段の先にある「奥の院」と、女性におすすめのパワースポット







上から順に、
・天狗たちが待ち受ける手前にある大いちょう。葉が舞い落ちてくる瞬間!
・奥の院の屋根にはまだ昨日の雪が。
・三面殿にある「子育ての狛犬」
・「慧春尼堂」にて祈願。

大雄山の最上部に奉安された「十一面観音菩薩」

Q:「奥の院」までの階段、登り切ったそうですね。
A:もちろん!「奥の院」は最乗寺の守護「道了大薩埵の御本地」が奉安されていて、こちらもパワースポットです。結界門から数えて350段の階段を登りつめた場所にある「奥の院」。ここが大雄山の最も高いところです。
入口を進むと、樹齢400年~500年の杉の巨木が生い茂る路へ。太陽の光を遮り、先ほどまで感じていた暖かな日射しが届きません。ひんやりとした空気が漂います。そして雪解け水も頭上へ落ちてきます。
途中、視界が開けた場所があり青空に映える遠くの山に気づき思わず立ち止まりました。北東の方角、それは昨日の雪に覆われた丹沢山でした。青空の下太陽に照らされなお一層輝く景色に感動しました。こちらも見逃さないで欲しいです。
そして最後の直線階段へ。200段以上あります!階段手前の両脇で天狗が待ち構えます。いちょうの大木も見事な黄色に染まり、私たちが進んでいく最中もはらはらと舞い落ちてきます。
最後の階段はそれぞれのペースで進み、やっと奥の院へ到達。登り切っ後は、とても清々しい気持ち。屋根に残る雪から落ちてくる冷たい雪解け水の音だけが響く、独特の雰囲気を感じてきました。もちろん扉内も拝見しました。
苦しいこの階段の先にあるこの達成感と特別な雰囲気、最乗寺を訪れた際は必ず参拝してほしい一押しのパワースポットです。

パワースポット「三面殿」で見つけた狛犬の姿

Q:珍しい狛犬の姿をみつけたそうですね。
A:次に訪れた「三面殿」には「三面大黒天」(箱根明神・矢倉明神・飯沢明神の三明神が一体に刻まれている姿)が奉安されています。お堂の前両脇にある小槌を触ると金運の御利益があるというので、全員、しっかりと触ってきました。そして入口の狛犬が珍しいということで拝見。「子育ての狛犬」だそうで、お乳を飲んでいる赤ちゃん狛犬を抱えているのです。そのあまりの愛らしさに釘付けになってしまいました。
また、「三面殿」には樹齢600年以上の三本の杉の巨木があり、その真ん中に立つとパワーをいただけるそうです。広い敷地内にはたくさんのパワースポットがあり初めての訪問だと迷ってしまいそうですが、最乗寺さんのホームページでも紹介されているので、プリントアウトして持参すると良いと思います。

女性の参詣が絶えないパワースポット「慧春尼堂」

Q:道了尊のパワースポットをご紹介いただきましたが、そのほかにも女性におすすめのスポットがあるそうですね。
A:最乗寺の最後は、本堂と少し離れた場所にある「慧春尼堂」(えしゅんにどう)をご紹介します。開創者である了庵禅師の妹君が奉られています。女性の悩みや願いを叶えてくれるとされています。お堂の周りには紅白のたくさんの鉢巻が結ばれていて、鉢巻に願いが記されています。
お兄さんを慕い出家されたそうですが、そのエピソードは、とても壮絶かつ強い意志が伝わるお話です。石碑には「女人救済の悲願ありて祈念すれば必ず感應あり」と記されており、女性・子供の救済に力をいれていたそうです。当時より皆の悩みなどを聞いてくださっていた立場だったのでしょうか・・・600年余が過ぎ尚参詣者が絶えない場所。とてつもないパワーを感じました。

小田原駅からの交通の便も良く、紅葉だけでなくたくさんのパワーをいただける場所、Fスタイルメンバー一押しおすすめの穴場スポット確定です!!

小田原にある、富士屋ホテルプロデュースのレストランで洋食ランチ





上:小田原駅 駅ビル「ラスカ」2Fにある「フュージョンダイニングF」
中央:期間限定「クラシックランチフェア」で提供中のオムハヤシ。
下:湯本富士屋ホテルの温泉・・・温泉湯処「早雲」。

小田原駅ビル内で気軽に楽しめる富士屋ホテルチェーン

Q:そろそろお昼の時間ですね。今回はどこでランチを?
A:小田原駅の駅ビル内にある、富士屋ホテルがプロデュースしたレストラン「フュージョンダイニングF」で昼食をとりました。
ランチセットは、1280円(税込)からあり、メインを肉料理、魚料理、ビーフカレーなどから選べる定番ランチ「選べて楽しいランチメニュー」の他、期間限定のランチフェアも常時開催。撮影当日は、「クラシックランチフェア」が開催されていて、ビーフシチューやカニクリームコロッケ、オムライス等が楽しめました。

Q:リーズナブルに楽しめますね!当日は何を食べたのですか?
A:「富士屋ホテルといえばビーフカレー」!ということで、ビーフカレーや、洋食の定番ハンバーグ、この時期だけのカニクリームコロッケとオムハヤシをいただきました。フルーティーでありながらコクもあり洋食レストランならではの奥深い味わいのビーフカレー、やわらかくほぐれる繊細なハンバーグ、カニがたっぷり入って旨みを感じられるリッチなカニクリームコロッケ、ふわふわトロトロのオムライスに酸味とコクが絶妙なビーフハヤシソースがかかったオムハヤシ・・・どれも本当に美味しかったです。すべて、温かいスープ、または、サラダがセットでいただけます。小田原駅の駅ビル2Fにある「フュージョンダイニングF」、おすすめです!

冷えた身体も温泉に入りぽかぽか。

Q:昼食の後は、温泉にいったとか?
A:はい。湯本富士屋ホテルの日帰り温泉を利用しました。12:00~20:00の間、大人一人1800円で楽しめます。バスタオル・フェイスタオルも1枚ずつ貸し出しがあります。
箱根湯本温泉は箱根十七湯最古の温泉。戦国武将の雄・北条早雲にとくに好まれた温泉だそうです。露天風呂もあり、自然に囲まれながら温泉入浴を楽しめます。私達も、雪の中の散策で冷えた身体をゆったりと温め、ぽかぽか幸せ気分に。350段の階段を登った疲れもどこかへ吹き飛びました!
湯本富士屋ホテルの日帰り温泉は、予約なしでもご利用いただけます。箱根や小田原での観光の後に、ぜひお立ち寄りください。

(取材日:2016年11月25日)

その他のとっておきの商品・サービススポットをご案内!

最新レポート

  • 周辺スポット
  • 箱根 小田原エリア

小田原駅から30分程で行ける「大雄山最乗寺」には紅葉狩り&パワースポットが数多く点在。2016年11月に降った雪との奇跡的に美しい情景と共にご紹介いたします。
(2016年11月)

紅葉、パワースポット、洋食ランチ、温泉と、盛り沢山!

ピックアップレポート

  • 周辺スポット
  • 山梨エリア

知る人ぞ知るパワースポット「母の白滝」を、登山グッズのレンタルショップや古民家カフェなどの周辺オススメスポットとともにご紹介します。
(2016年9月)

トレッキング初心者におすすめ!穴場パワースポット
  • 周辺スポット
  • 山梨エリア

フルーツパーク富士屋ホテルの夏の風物詩「きら星のビアテラス」(2016年度 営業期間:6月25日~9月11日)。夕景から夜景へとうつろう情景とともにご紹介します。
(2016年9月)

ビールを片手に夏の夕景・夜景をご堪能ください!
  • 周辺スポット
  • 箱根 小田原エリア

小田原駅から30分程で行ける「大雄山最乗寺」には紅葉狩り&パワースポットが数多く点在。2016年11月に降った雪との奇跡的に美しい情景と共にご紹介いたします。
(2016年11月)

  • 周辺スポット
  • 山梨エリア

知る人ぞ知るパワースポット「母の白滝」を、登山グッズのレンタルショップや古民家カフェなどの周辺オススメスポットとともにご紹介します。
(2016年9月)

  • 周辺スポット
  • 山梨エリア

フルーツパーク富士屋ホテルの夏の風物詩「きら星のビアテラス」(2016年度 営業期間:6月25日~9月11日)。夕景から夜景へとうつろう情景とともにご紹介します。
(2016年9月)

  • 周辺スポット
  • 山梨エリア

絶景スポットや、美味しいランチ、お得なショッピングスポットなど、山中湖周辺のオススメ情報と共に、手軽にプロ級の写真にする方法まで、たっぷりご紹介。
(2016年5月)


  • 周辺スポット
  • 箱根 小田原エリア

小田原で毎年5月3日に開催される「北条五代祭り」をご紹介します。
(2016年5月)

  • 周辺スポット
  • 山梨エリア

霊峰富士のパワーを全身で感じることのできるスポットをご紹介します。
(2016年3月)

  • 周辺スポット
  • 箱根 小田原エリア

箱根湯本駅・小田原駅からもアクセス抜群!小田原市根府川で1年を通して体験できる、「原木しいたけ狩り」をご紹介します。
(2016年3月)

  • 周辺スポット
  • 箱根 小田原エリア

日本一長い人道吊り橋「三島スカイウォーク」と芦ノ湖湖畔でお食事、喫茶、お買い物が楽しめる「茶屋本陣 畔屋(ほとりや)」をご紹介します。
(2016年1月)


  • 周辺スポット
  • 山梨エリア

宿坊での宿泊に、朝のお勤め・・・プチ修行体験をしてきました。心が清められるような1泊2日、本当におすすめです。
(2016年1月)

  • 周辺スポット
  • 山梨エリア

富士川流域、南アルプスの山々に囲まれた自然豊かな風景の中、厳かな空気に包まれる身延山久遠寺。その歴史と境内の様子をご紹介いたします。
(2015年12月)

  • 周辺スポット
  • 山梨エリア

山梨のフルーツを使った料理教室に、上質な湯質と絶景が楽しめる温泉施設。季節を問わず楽しめる山梨の体験スポットをご紹介します。
(2015年12月)

  • 周辺スポット
  • 箱根 小田原エリア

箱根で今、話題のスポットへ早起きして出かけよう!朝の澄んだ空気の中、出会える味、風景、そして、芸術。感受性が研ぎ澄まされる時間が待っています。
(2015年11月)


  • 周辺スポット
  • 山梨エリア

秋の定番 葡萄狩りに、オリジナルグラス作り、そしてワイナリーが手掛けるレストランでの絶品ランチ。山梨在住のスタッフがこの秋おすすめのスポットを巡ります。
(2015年9月)

  • 周辺スポット
  • 箱根 小田原エリア

「神奈川なでしこブランド」に認定された、ロッキーマリンさんの女性向け海釣りプラン、「海♡女子会」プランをご紹介いたします!箱根旅行の前後に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。
(2015年9月)

  • 周辺スポット
  • 箱根 小田原エリア

暑い夏は涼しい芦ノ湖畔で大人からお子様まで一緒に楽しめる水上アクティビティを体験してみませんか。 日帰りでも楽しめるプランを紹介します。
(2015年8月)

  • 周辺スポット
  • 山梨エリア

今回は、山梨県を中心に活動している富士屋ホテルチェーンの女性プロジェクトチーム「F-STYLE yamanashi」をご紹介いたします。
(2015年7月)


  • 周辺スポット
  • 箱根 小田原エリア

2014年11月にも開催された「はこねのもり女子大学」のウォークランイベントに、今回も参加させていただきました。新緑の箱根での貴重な体験をご紹介いたします!
(2015年6月)

  • グルメ
  • 富士屋ホテルチェーン

富士屋ホテルの次代を担うスタッフたちが、日々磨き上げた技を大いに発揮したコンクールの様子をご紹介いたします。
(2015年2月)

  • 周辺スポット
  • 山梨エリア

山梨へのご旅行におすすめ!スタッフおすすめの観光スポットをご紹介いたします。
(2015年1月)

  • 周辺スポット
  • 東京エリア

東京の中心 六本木の洗練されたイルミネーションと夜景をご紹介いたします。
(2014年12月)


  • 周辺スポット
  • 箱根 小田原エリア

2014年4月に開校した「はこねのもり女子大学」のウォークランイベントに参加しました。心も体もリフレッシュ!貴重な体験をご紹介します。
(2014年12月)

  • 周辺スポット
  • 山梨エリア

山梨のことならお任せあれ!山梨出身のスタッフ二人が、秋のドライブを満喫する欲張りルートをご紹介します。
(2014年11月)

  • 周辺スポット
  • 箱根 小田原エリア

11月1日にデビューする箱根登山鉄道の新型車両「アレグラ号」で巡る秋の箱根旅。その見所をご紹介いたします。
(2014年11月)

  • 周辺スポット
  • 箱根 小田原エリア

相模湾を見下ろし涼やかな風が吹き抜ける「清閑亭」と、江戸時代より小田原で風鈴などの鋳物を作り続けている「柏木美術鋳物研究所」をご紹介します。
(2014年8月)


  • 周辺スポット
  • 箱根 小田原エリア

新緑のきれいな季節になりました。これからの季節はアウトドアで 思いっきり遊んでみてはいかがでしょうか。
大人も楽しい森林に囲まれたアウトドアパークを紹介します。(2014年5月)

  • 周辺スポット
  • 箱根 小田原エリア

箱根好き女子のための学びコミュニティ「はこねのもり女子大学」の開校記念特別授業に参加しました。普段ではなかなかなか味わうことのできない、五感を刺激する体験ばかりです!
(2014年4月)

  • グルメ
  • 富士屋ホテルチェーン

富士屋ホテルの次代を担うスタッフたちが、日々磨き上げた技を大いに発揮したコンクールの様子をご紹介いたします。
(2014年2月)

  • 周辺スポット
  • 箱根 小田原エリア

「一生に一度、必ず見ておきたい日本国内クリスマスツリーランキングTOP10」(2013年10月17日発表 gooランキング)の第2位に選ばれたツリーがある、 箱根ガラスの森美術館のクリスマス情報をたっぷりとご紹介します。
(2013年12月)


  • 周辺スポット
  • 山梨エリア

2013年6月に世界文化遺産に登録された富士山とその周辺スポットの 魅力をご紹介します。
(2013年11月)

  • 周辺スポット
  • 箱根 小田原エリア

2013年、箱根には続々とニュースポットが誕生しました。秋の行楽シーズンにぴったりの情報をお届けいたします。
(2013年10月)

  • 周辺スポット
  • 東京エリア

東京にいながら日本を旅している気分に・・・、そんな贅沢な気分を満喫できると人気の「アンテナショップめぐり」をご紹介します。
(2013年9月)

  • 周辺スポット
  • 箱根 小田原エリア

小田原といえば、やっぱりかまぼこ!伝統と歴史を守り続ける小田原かまぼこの魅力を紹介します。
(2013年6月)


  • 施設
  • 箱根 小田原エリア

お客様にゴルフを楽しんでいただけるよう目配り気配りを絶やさないキャディのお仕事をご紹介します。
(2013年6月)

  • 周辺スポット
  • 山梨エリア

初夏の味覚といえば"さくらんぼ"。赤くて小さなかわいい実に思わずうっとり。
さくらんぼ狩りで汗をかいた後は、富士山を望む温泉でのんびりと・・・そんな初夏の旅はいかがでしょうか!
(2013年4月)

  • グルメ
  • 富士屋ホテルチェーン

富士屋ホテルの次代を担うスタッフたちが、日々磨き上げた技を大いに発揮したコンクールの様子をご紹介いたします。
(2013年3月)

  • 施設
  • 箱根 小田原エリア

1878年の創業以来、諸外国の要人をはじめ、多くの内外のお客様に愛され続けている富士屋ホテル。 ホテルスタッフならではの隠れたみどころを紹介します。
(2013年1月)


  • 宿泊
  • 東京エリア

開放感たっぷりのバスに乗って東京観光はいかかですが?いつもとは違った視点から東京の街を楽しめます。
(2012年12月)

  • 周辺スポット
  • 山梨エリア

秋の河口湖には、しばし時を忘れ、眺め続けていたくなるような絶景が広がっています。
(2012年11月)

  • グルメ
  • 箱根 小田原エリア

これから寒くなる季節に備え、野菜をたくさんとって栄養補給を!
(2012年10月)

  • 周辺スポット
  • 山梨エリア

ホテルでも人気の登美の丘ワイナリーのワイン。
そのおいしさのルーツを探ります。
(2012年9月)


  • 宿泊
  • 箱根 小田原エリア

さまざまなイベントが目白押しの箱根湯本の夏。
幻想的な世界が広がる「灯街道・箱根湯本」を紹介します。
(2012年8月)

  • 周辺スポット
  • 山梨エリア

太陽の恵みをたっぷり受け、山梨特有の風土に育まれておいしく実った桃をたっぷり特集します。
(2012年7月)

  • 施設
  • 箱根 小田原エリア

予約殺到!日本で2番目に歴史あるパブリックコース。「仙石ゴルフコース」のレディースコンペ。
その人気の秘密をご紹介します。
(2012年6月)

  • 周辺スポット
  • 箱根 小田原エリア

6月13日の年に1度の大祭に向け、さらに注目が集まる箱根のパワースポット"九頭龍神社"の魅力をたっぷり紹介します。
(2012年5月)


  • グルメ
  • 箱根 小田原エリア

富士屋ホテル直営のベーカリー&スイーツピコットにて代々受け継がれているレシピで作る食パンの魅力を余すところなくご紹介いたします!
(2012年4月)

  • 施設
  • 山梨エリア

河口湖畔に佇む富士ビューホテルには、約3万坪の庭園があります。ここには、春になるとソメイヨシノやしだれ桜など計324本の桜が咲き誇ります。
観光名所のひとつにもなっており、毎年、地元の方のみならず県外からも数多くの方々がカメラを片手に訪れます。
(2012年3月)

F-STYLE PROJECTが考案した「ミニチュアテディベア」と「箱根姫籠膳」は、第1回神奈川なでしこブランド認定商品です。

詳しく見る

 「神奈川なでしこブランド」とは、神奈川県内に拠点を持つ企業等において、女性が開発に貢献した商品(モノ・サービス)の中から、神奈川県が認定したものです。

富士屋ホテル株式会社は、2013年7月31日(水)厚生労働省神奈川労働局より「次世代育成認定マーク(愛称:くるみん)」を取得いたしました。
当社はこれからも、従業員が仕事と育児を両立し、ひとりひとりがその能力を十分に発揮できる会社を目指して、働きやすい環境作りに取り組んでまいります。

詳しく見る

「くるみん」は、「次世代育成支援対策推進法」に基づいた行動計画を策定し、その行動計画に定めた目標を達成するなどの一定の要件を満たした場合、申請を行うことにより、「子育てサポート企業」として、厚生労働大臣の認定を受けることができます。