富士屋ホテルチェーン女性スタッフプロデュース  F-STYLE コンシェルジュ  プレミアムな時間を提案する情報発信サイト  F-STYLE PROJECTとは、富士屋ホテルチェーンの女性スタッフによる、女性目線の新商品や快適な空間づくりを提案するプロジェクトチームです。 富士屋ホテルチェーン女性スタッフプロデュース  F-STYLE コンシェルジュ  プレミアムな時間を提案する情報発信サイト F-STYLE PROJECTとは

フルーツパーク富士屋ホテル × "フルーツの丘で楽しむ紅葉"

フルーツパーク富士屋ホテル  見頃の目安  山梨エリア 笛吹川フルーツ公園:10月中旬~11月中旬

山梨エリア

日本のワイン発祥地で新酒ワインと紅葉狩りを楽しもう!

ワイン王国やまなしだからこそおすすめする、紅葉狩りとワイナリー巡り

日本のワイン発祥地でもある山梨には80を超えるワイナリーがあります。特に勝沼地区のワインは、国内はもちろんのこと海外でも評価が高く、近年世界的に注目を集めています。
フルーツパーク富士屋ホテルより望む丘一帯は、収穫が終わった葡萄畑が秋色に染まり叙情的風景を醸しだし深まる秋を演出しています。収穫を祝い葡萄の恵みに感謝しながら紅葉狩りとワイナリーを巡る、ここでしか体験できない旅をご紹介します。

  • 毎年11月3日が"山梨ヌーボー"解禁日。新酒も楽しみなのはもちろんですが、3年後、5年後の熟成がどのようになるかも気になるところです。 
  • ホテルテラスからの眺め。笛吹川フルーツ公園の紅葉、一面に広がる葡萄畑と町並み。晴れた日には富士山をのぞむことも出来ます。 
  • 温度管理が徹底された貯蔵所。樽を目の前に貯蔵についての説明を伺います【勝沼醸造・ワイナリーツアー】 
  • 木の温もりを感じるお洒落なワインサロンで、貴方だけのお気に入りのワインを見つけて。【グレイスワイナリー】 

おすすめスポット

見物スポット

見頃の目安 10月中旬~11月中旬

フルーツパーク富士屋ホテルは笛吹川フルーツ公園の敷地内にあります。眼下に笛吹川フルーツ公園の紅葉、一面に広がる葡萄畑の向こうには晴れた日に富士山をのぞむことも出来ます。また、全ての客室よりこの素晴らしい風景をお楽しみいただけます。

アクセス

公共交通機関の場合:JR中央本線「山梨市駅」下車、タクシーで7分

車の場合:中央自動車道「一宮・御坂I.C」より20分

最寄の富士屋ホテルチェーン:フルーツパーク富士屋ホテル

見頃の目安 10月中旬~11月中旬

新日本三大夜景・関東富士見100景に選ばれた笛吹川フルーツ公園。夜景の美しさはもちろんのことですが、丘の上から望む風景は、春には眼下に広がる桃の花畑の景色・夏の葡萄畑の青々と茂った葉の風景・秋は公園一体が紅葉に染まる、色彩豊かな公園です。
この時期は、楓などの黄~オレンジ色の葉が風に吹かれて舞い、街路樹には大きく実ったカリンを見つけることもできます。駐車場も完備、物産館や足湯もありますので、時間を気にせずゆったりと公園を散策ください。
※写真は、11月中旬頃の様子です。

アクセス

公共交通機関の場合:JR中央本線「山梨市駅」下車、タクシーで7分

車の場合:中央自動車道「一宮・御坂I.C」より20分

最寄の富士屋ホテルチェーン:フルーツパーク富士屋ホテル


おすすめ周辺情報

勝沼醸造は、とくに甲州ワインづくりに力を入れています。そしてこだわりのワイン作りを紹介するワイナリーツアーをご用意しています。 醸造・栽培に関わるワイナリーの専門スタッフがぶどう畑やワイナリーをご案内する「スタッフコース」は、ワイン造りの歴史や料理とのマリアージュまで話は広がります。スタッフの方々ワイン造りへの情熱が伝わる、充実した2時間をお過ごしいただけます。
また、もっと気軽に参加頂ける「テイスティングコース」は、リーデルグラスを使ってワインサーバーからワインのテイスティングを楽しんでいただけるコースです。貴方のお気に入りのワインを探してください。
・スタッフコース…お一人様¥3,000
 (要予約・開催日はお問合せください)
・テイスティングコース…お一人様¥1,500
 (要予約)

アクセス

公共交通機関の場合:JR中央線「勝沼ぶどう郷駅」より車で7分 / JR中央線「塩山駅」より車で15分
※勝沼町巡回バスのご利用も可能です(要時間30分)料金100円 バス停「下岩崎」下車

車の場合:中央自動車道「勝沼I.C」より約15分

最寄の富士屋ホテルチェーン:フルーツパーク富士屋ホテル

日本の固有ブドウ品種である『甲州』。山梨県勝沼は『甲州』の発祥の地とも言われ、甲州種のワインも古くから親しまれています。1923年創業の中央葡萄酒は、日本のブドウとワイン産業の発祥地である勝沼町に創業、主にグレイスワインの名で広く親しまれています。 蔦のからまる、歴史を感じさせる勝沼・グレイスワイナリーでは、『甲州』の魅力と『甲州種と中央葡萄酒の歩み』伝えるツアーをご用意。近年では海外でも和食に合う辛口白ワインとして高い評価を受けている甲州種のワインの魅力についてお伝えします。
また、ワインサロンのカウンターでは、ほぼすべてのワインをグラスでご試飲できます(一部有料)。甲州の歴史、甲州とともに歩んできたグレイスワインの軌跡を聞きながら、ワインをゆっくりと楽しめます。すべてテイスティング専用グラス(ISO国際規格グラス)でご案内いたします。
ワインショップでは、勝沼の代名詞甲州ワインの他、三澤農場産の欧州系ブドウのワインもご購入いただけます。

アクセス

公共交通機関の場合:JR中央本線塩山駅・勝沼ぶどう郷駅から車で約10分

車の場合:中央自動車道「勝沼I.C」より約10分

最寄の富士屋ホテルチェーン:フルーツパーク富士屋ホテル


その他のおすすめ花情報

秋(9月~11月)

  • 箱根 小田原エリア

箱根の秋の風物詩、「かながわの景勝50選」にも選ばれた黄金色のススキ草原。

  • 箱根 小田原・山梨エリア

小田原へ、山梨へ・・・風にそよぐコスモスに出会う旅

  • 箱根 小田原・山梨エリア

富士屋ホテルチェーン・各ホテルおすすめの紅葉スポットをご紹介。


  • 山梨エリア

~ハーブ庭園旅日記~
1万坪の大庭園で出会う、香り高いハーブと秋の花々。


その他の季節のおすすめ花情報

冬(12月~2月)

  • 箱根 小田原エリア

早春の小田原に咲く梅の花。小田原梅まつり


春(3月~5月)

  • 箱根 小田原エリア

小田原から電車で7分、根府川駅周辺に一足早く春の訪れを告げる早咲き桜「おかめ桜」をご紹介。

  • 山梨エリア

「お花見+いちご+温泉!!」女子旅におすすめのプランをご紹介。

  • 箱根 小田原・山梨エリア

春到来!小田原・箱根・山梨の、おすすめの桜スポットをご紹介


  • 箱根 小田原エリア

首都圏最大級約80万株の芝桜が、富士山麓の広大な敷地に咲き誇ります。

  • 箱根 小田原エリア

箱根山に本格的な春の到来を告げる「つつじ・しゃくなげ」。有名スポットである山のホテル・蓬莱園の歴史ある庭園をご紹介します。

  • 箱根 小田原エリア

新緑の季節にやさしい彩りを添える「藤」をご紹介いたします。


  • 箱根 小田原エリア

富士屋ホテルの庭園で、初夏の透き通った青空をバックに瑞々しく茂る青もみじ。

  • 箱根 小田原エリア

日本随一といわれる、日本すずらんの群生地をご紹介いたします。

  • 箱根 小田原エリア

箱根湿生花園が、1年で一番美しい時期を迎えます。


夏(6月~8月)

  • 山梨エリア

富士を望む「河口湖オルゴールの森」で拡張高き音色とローズの美しさに酔いしれてみてはいかがでしょうか。

  • 箱根 小田原エリア

入梅すると小田原城に静かに咲き誇る約7,000株の花菖蒲。隣で咲く紫陽花とのコントラストも見事です。

  • 箱根 小田原エリア

小田原・箱根各地で虹色に咲くあじさい。その彩りと周りの風景との調和が見事です。


  • 山梨エリア

ぬけるような青空の下、雄大な富士山をバックに咲く夏の輝かしい花々。

  • 山梨エリア

富士山麓に咲く薄紫のラベンダーを、五感全体で楽しむ。

  • 箱根 小田原エリア

富士屋ホテルの夏景色に華やぎを添える「ノウゼンカヅラ」


  • 箱根 小田原エリア

高原の風にそよぐ、8月の湿生花園に咲く夏の花たちをご紹介します。

  • 山梨エリア

~北杜市明野サンフラワーフェス~
日照時間が長い北杜市明野町で、富士山、南アルプス、八ケ岳を背景にに咲く60万本のひまわり。


F-STYLE PROJECTが考案した「ミニチュアテディベア」と「箱根姫籠膳」は、第1回神奈川なでしこブランド認定商品です。

詳しく見る

 「神奈川なでしこブランド」とは、神奈川県内に拠点を持つ企業等において、女性が開発に貢献した商品(モノ・サービス)の中から、神奈川県が認定したものです。

富士屋ホテル株式会社は、2013年7月31日(水)厚生労働省神奈川労働局より「次世代育成認定マーク(愛称:くるみん)」を取得いたしました。
当社はこれからも、従業員が仕事と育児を両立し、ひとりひとりがその能力を十分に発揮できる会社を目指して、働きやすい環境作りに取り組んでまいります。

詳しく見る

「くるみん」は、「次世代育成支援対策推進法」に基づいた行動計画を策定し、その行動計画に定めた目標を達成するなどの一定の要件を満たした場合、申請を行うことにより、「子育てサポート企業」として、厚生労働大臣の認定を受けることができます。